文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 教育・子育て・福祉 > 子育て > 子ども・子育て支援新制度における利用者負担額について

ここから本文です。

掲載日:2016年8月24日

子ども・子育て支援新制度における利用者負担額について

平成27年度に施行された子ども・子育て支援新制度における教育・保育施設(認定こども園、幼稚園、保育所)及び地域型保育事業(小規模保育事業等)の利用者負担額は、国が定める限度額の範囲内で市町村が定めることとされています。

2号認定子ども及び3号認定子どもに係る利用者負担額表は次のとおりです。

表1

各月における支給認定保護者の属する世帯の階層区分

利用者負担月額

階層区分

定義

2号認定(3歳以上児)

3号認定(3歳未満児)

保育

標準時間

保育

短時間

保育

標準時間

保育

短時間

A

生活保護世帯

0円

0円

0円

0円

B

市町村民税非課税世帯

6,000円

6,000円

9,000円

9,000円

C1

市町村民税均等割世帯

13,000円

12,800円

16,000円

15,800円

C2

A階層を除き、市町村民税所得割の額が次の区分に該当する世帯

1円以上

48,600円未満

16,000円

15,700円

19,000円

18,700円

C3

48,600円以上

77,101円未満

20,000円

19,600円

25,000円

24,600円

C4

77,101円以上

97,000円未満

22,000円

21,500円

27,000円

26,500円

C5

97,000円以上

133,000円未満

30,000円

29,400円

36,000円

35,400円

C6

133,000円以上

169,000円未満

33,000円

32,300円

40,000円

39,300円

C7

169,000円以上

235,000円未満

36,000円

35,100円

42,000円

41,100円

C8

235,000円以上

301,000円未満

38,000円

37,000円

54,000円

53,000円

C9

301,000円以上

397,000円未満

40,000円

38,800円

57,000円

55,800円

C10

397,000円以上

45,000円

43,400円

60,000円

58,400円

 

表2

階層

区分

子どもの区分

利用者負担月額

2号認定子ども

3号認定子ども

保育

標準時間

保育

短時間

保育

標準時間

保育

短時間

B

第1子

0円

0円

0円

0円

第2子以降

0円

0円

0円

0円

C1

第1子

6,000円

5,900円

7,500円

7,400円

第2子以降

0円

0円

0円

0円

C2

第1子

7,500円

7,350円

9,000円

8,850円

第2子以降

0円

0円

0円

0円

C3

第1子

10,000円

9,800円

12,500円

12,300円

第2子以降

0円

0円

0円

0円

 

減免措置

  1. ひとり親家庭、在宅障害児のいる世帯で、表1のBからC3に該当している世帯は、表2の保育料となります。
  2. 小学校就学前の範囲で、特定教育・保育施設等を同時に利用する場合は、最年長の子どもから順に2人目は半額、3人目以降は無料とします。
    ただし、住民税所得割が57,700円未満の世帯は子どもの年齢にかかわらず2人目を半額、3人目を無料とします。(小学校就学前で施設等利用の条件撤廃)

お問い合わせ

市民福祉部子育て支援課児童福祉担当

伊予市米湊820番地

電話番号:089-982-1119

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?