文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 暮らし > 男女共同参画 > ひめボス合同宣言

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

掲載日:2017年2月16日

ひめボス合同宣言

ひめボス合同宣言を行いました

愛媛県下20市町「ひめボス合同宣言」首長集合写真

愛媛県では、愛媛県版イクボス「ひめボス」を推進しています。
ひめボスの輪を広げるため、平成29年2月15日(水曜日)の県・市町連携推進本部会議の場において、県内20市町と県がひめボス合同宣言を行いました。
本市もこの宣言に基づき、今後市内企業や団体等にもひめボスの輪を広げる取組を行います。

ひめボス合同宣言文

 

ひめボス合同宣言文

  1. 私たちは愛媛県の自治体の長として、職員の仕事と家庭生活や地域活動などの両立を支援しながら、組織としての成果を出し、自らも仕事と私生活をまるごと楽しむ愛媛のイクボス「ひめボス」となり、自治体の先頭に立ってこの取組を推進します。
  2. さらに、私たちは県内企業や団体等にも「ひめボス」の輪を広げ、愛媛で暮らす人々がこれまで以上に家庭生活や地域活動などと両立しながら、愛顔(えがお)で働くことができる環境づくりを進め、更なる愛媛の活性化を目指して全力で取り組みます。

平成29年2月15日
愛媛県・市町連携推進本部
伊予市長武智邦典

「ひめボス」とは

「ひめボス」とは、愛媛県版イクボスのことであり、愛媛の活性化を願い、愛媛で働く人を応援する上司(経営者・管理職)を指します。
なお、「イクボス」とは、職場で共に働く部下・スタッフの仕事と生活の調和を考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司(経営者・管理者)を指すもので、男性管理職に限らず、女性管理職も対象です。

なぜ、ひめボスが必要か?

現在、愛媛では少子高齢化や人口減少が進行しています。その中で、社会の持続的成長を維持し、地域経済を活性化するには、男女とも働きやすく、働きがいを持てる職場環境が求められています。
また、子育てや介護など、時間などに制約のある部下・スタッフも活躍できる職場環境が求められています。
その実現には、部下・スタッフの仕事と家庭の両立を支援しながら、愛媛の活性化を目指して取り組む「ひめボス」の存在が不可欠です。

ひめボスを増やすことで、以下のようなメリットが生み出されます。

  • 優秀な人材の確保や定着
  • 時間外労働の削減によるコスト削減
  • 情報の共有化、チームワークの強化
  • 経営リスクの軽減や危機管理対策
  • 新しい商品開発等、競争力向上

お問い合わせ

総務部総務課市民協働推進室

伊予市米湊820番地

電話番号:089-982-1111

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?