文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【県指定文化財】石鳥居遺構<石造美術>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【県指定文化財】石鳥居遺構<石造美術>

すでに倒壊破損しているため全容をみることができないが、右柱の下部が残っているため、地元では「一本鳥居」と言い伝えられてきた。残柱の地上総高は18センチメートル、円柱の周りは117センチメートルで、安山岩(あんざんがん)で造られている。円柱に以下のような銘文が刻まれており、応永9年(1402年)に建立されたことがわかる。

當國守護河野之通御代也
謹奉立鳥居事
當所地頭合田通基大願主梅原沙弥道與
大工越智範近中山名主御百姓達各各敬白
旹應永玖年歳次壬午八月念二日

施設情報

住所

中山町中山永木 藤縄之森三島神社

【県指定文化財】石鳥居遺構<石造美術>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。