文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【県指定文化財】市場かわらがはな古代窯跡群<史跡>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【県指定文化財】市場かわらがはな古代窯跡群<史跡>

自然の傾斜地を利用した全長7メートルの登り窯(かま)で3基ある。それぞれに燃焼部・焼成部・煙道部があり、燃焼部は150センチメートル、幅130センチメートル、天井までの高さ150センチメートルである。
焼成部は42~48度の傾斜に8~13段の階段がつけられ、段の長さは1号窯では1段目が150センチメートル、8段目が80センチメートルの隧道(ずいどう)型をしており、窯の内部高は80センチメートル、窯尻は50センチメートルとなっている。
8世紀中頃のものと推定される重孤文の軒先瓦が出土した。

施設情報

住所

市場向井原

【県指定文化財】市場かわらがはな古代窯跡群<史跡>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。