文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【県指定文化財】オガタマノキ<天然記念物>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【県指定文化財】オガタマノキ<天然記念物>

モクレン科。幹周は胸高280センチメートル、樹高23メートル、推定樹齢200年以上。この社叢(しゃそう)には、ほかに幹周190センチメートルなど3本のオガタマノキがある。
オガタマノキは西日本の温暖な地方に自生する常緑高木である。花期は2、3月。径3センチメートルほどの6枚の白い花弁を開き、芳香を発する。
今日では神前にはサカキを供えるのがふつうであるが、「オガタマ」とは神霊を招くという意味であることから、古くは神に捧げる木としてオガタマノキと名付けられた。そのため昔から神社や庭園に植えられることが多い。また巫女の手甲の鈴はこの木の実をかたどったとされている。
なお、オガタマノキの葉は蝶のミカドアゲハの幼虫の餌になっている。

施設情報

住所

双海町高野川 高野川神社

【県指定文化財】オガタマノキ<天然記念物>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。