文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【県指定文化財】ボダイジュ<天然記念物>

ここから本文です。

掲載日:2016年9月24日

【県指定文化財】ボダイジュ<天然記念物>

シナノキ科。根回りは320センチメートル、幹周胸高は190センチメートル、樹高25メートルの巨木である。根元近くから幹が4本に分かれている。
寺伝によると天平13年(741年)行基によって手植えされたとも、法灯国師(ほうとうこくし)が建長6年(1254年)中国から持ち帰り、荒れ果てた行基の遺跡を復興して植えたとも伝えられる。建長年代から数えれば約750年の樹齢と推定される。
ボダイジュは中国中部の原産で、仏教の聖樹としてよく寺院に植えられる落葉高木(こうぼく)である。開花期は6・7月、大きさ数ミリの5枚の淡黄色の花弁があり、芳香を発する。枝先に数個から数十個がまとまり、その元には一枚の苞葉(ほうよう)(長さ10センチメートル、内外)があって、種子(果実)の風による散布に役立っている。
なお、仏教で釈迦(しゃか)の入滅にかかわる菩提樹(ぼだいじゅ)はクワ科のインドボダイジュで、イチジクと近縁の高木である。

施設情報

住所

中山町出渕門前 盛景寺

【県指定文化財】ボダイジュ<天然記念物>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。