文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【市指定文化財】錦手大形神酒瓶<工芸品>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【市指定文化財】錦手大形神酒瓶<工芸品>

伊藤五松斎(いとうごしょうさい)の作品中の逸品である。
五松斎(1832年~1910年)は尾崎の庄屋であるが三島町で焼き物の製作を始めた。意にかなった焼き物ができなかったので、砥部へ行って研究し苦心の末焼き上げたもので、砥部焼の錦手(赤・緑・黄・紫・青などの上絵具を施した陶磁器のこと)の手法を使っている。

施設情報

住所

稲荷本村 伊豫稲荷神社

【市指定文化財】錦手大形神酒瓶<工芸品>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。