文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【市指定文化財】なぎなた・宇佐八幡宮神息作<工芸品>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【市指定文化財】なぎなた・宇佐八幡宮神息作<工芸品>

銘 :宇佐八幡宮神息作(とあり)
刃長:60.6センチメートル
反り:2.42センチメートル
姿 :先の張らない古い時代のなぎなたである。
地金:板目柾(いためまさ)流れ 地沸(じにえ)厚く 肌立ちごころ
刃文:直刃調(すぐはちょう)、小乱れ、小沸(こにえ)出来深い
中心:長く 目釘穴2個
彫刻:なぎなた樋、区上(まちうえ)にて丸止め、樋の上方切先(きっさき)寄りに彫刻あり。
時代:鎌倉

社宝として寄進された由来は不明。神息(しんそく)銘については今後の研究にまつが、姿、地金、刃文、中心(なかご)の時代等は非凡なる名品である。

施設情報

住所

稲荷本村 伊豫稲荷神社

【市指定文化財】なぎなた・宇佐八幡宮神息作<工芸品>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。