文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【市指定文化財】赤坂泉文書<古文書>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【市指定文化財】赤坂泉文書<古文書>

寛政6年(1794年)赤坂泉を作った当時より水の利用配分についての諸記録や用水利用に関しての紛争面倒の一件記録など65 点の文書群で、現在もこの文書が赤坂用水の慣行例にされている。このような文書がまとまって保管されていることは珍しく、潅漑(かんがい)、水利の研究にとって貴重な資料となっている。
なお、この泉の源流は砥部町重光わきの重信川伏流水で、今なお、八倉・宮下及び松前町徳丸・出作(しゅっさく)等広範な地域の田畑に潅水(かんすい)している。

施設情報

住所

米湊 伊予市立図書館

【市指定文化財】赤坂泉文書<古文書>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。