文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【市指定文化財】大般若経残欠<古文書>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【市指定文化財】大般若経残欠<古文書>

中山町永木地区の藤縄之森三島神社に、大般若経(だいはんにゃきょう)600巻のうち「64巻・86巻」の経典2巻のみが現存しており、他は不明である。それには、次のように書かれている。

「大檀源高実應永二年亥乙一夏中真読畢」(1402年)

『大洲旧記』によれば、この般若経は伊賀埼地頭因幡守源朝臣高実(いがさきじとういんばのかみみなもとのあそんたかざね)が、入仏宿願によって般若経600巻を書写し、宇都宮大明神に納めたものである。うち200巻が砥部町総津の秀禅寺(しゅうぜんじ)にあり、400巻が藤縄之森三島神社に残されたと書かれている。

施設情報

住所

中山町中山永木 藤縄之森三島神社

【市指定文化財】大般若経残欠<古文書>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。