文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【市指定文化財】垂飾品(兎渡護古墳群出土)<考古資料>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【市指定文化財】垂飾品(兎渡護古墳群出土)<考古資料>

上野の兎渡護(ととご)古墳群から出土したといわれる垂飾品(すいしょくひん)である。管玉24個、棗(なつめ)玉1個、勾玉(まがたま)1個、丸玉6個、小玉56個、切子玉2個が出土している。材質は水晶やガラス製である。ほかに青銅鏡、金銅製や銀銅製耳環、須恵器、直刀なども出土している。耳環が15個も出土していることから、複数の古墳から出土したものを集めたものと考えられる。時期は、古墳時代後期に属すとみられる。

施設情報

住所

上野

【市指定文化財】垂飾品(兎渡護古墳群出土)<考古資料>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。