文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【市指定文化財】銅鉾<考古資料>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【市指定文化財】銅鉾<考古資料>

上野の向山(むかいやま)遺跡出土の広形銅鉾(どうほこ)である。中央部が欠損しているが、ほぼ完形に近い。長さ88センチメートル、鉾先幅10センチメートル、鉾元幅8.5センチメートル、柄部長19センチメートル、出土状況は不明で、伴出遺物もない。時期は、弥生時代中期末から後期初頭とみられる。
銅鉾は、はじめは鉾先が鋭くとがり、武器として使用していたが、次第に長大化し、鉾先は幅が広くなり、実用から離れて祭器(儀器)化した。

施設情報

住所

米湊 伊予市立図書館

【市指定文化財】銅鉾<考古資料>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。