文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【市指定文化財】森山大膳供養塔<石造美術>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【市指定文化財】森山大膳供養塔<石造美術>

高さ214センチメートル、安山岩(あんざんがん)で造られている。銘はない。火輪はやや小さい感がするが、鎌倉時代の逸品で堂々たるものである。中世前半の五輪塔としては、伊予市内で最も大きいものである。
地元の伝承によると、鎌倉時代中期に唐川に住んでいた豪傑 森山大膳(もりやまだいぜん)の供養塔であるとされる。

施設情報

住所

下唐川馬場

【市指定文化財】森山大膳供養塔<石造美術>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。