文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【市指定文化財】長泉寺石造層塔<石造美術>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【市指定文化財】長泉寺石造層塔<石造美術>

宮下の長泉寺(ちょうせんじ)境内にある。基礎から相輪(そうりん)までの高さ237センチメートル。凝灰岩(ぎょうかいがん)で造られており、下記のような銘文が刻まれている。

文永二年乙丑十一月上旬
如法経奉所
富尾寺願主 日運(通)

付近に文永2年(1265年)の紀年銘のある五輪塔2基のほか、五輪の残欠が多数残っている。『伊豫温故録(いよおんころく)』によると、この長泉寺付近に谷上山宝珠寺(たがみさんほうしゅうじ)の末寺が富尾寺(とみおじ)・今岡寺(いまおかじ)・安養寺(あんようじ)・法音寺(ほうおんじ)など7寺あったという。古い時代の石造遺品はこれらのものであろう。

施設情報

住所

宮下南組 長泉寺

【市指定文化財】長泉寺石造層塔<石造美術>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。