文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【市指定文化財】本村の五輪塔<石造美術>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【市指定文化財】本村の五輪塔<石造美術>

扁平な緑色片岩(りょくしょくへんがん)を方形に積み上げた台座に設置された二基の五輪塔である。一基は、高さが146.5センチメートルあり保存状態がよい。他の一基は、高さが136センチメートルで宝珠(ほうしゅ)が破損している。
空輪(くうりん)の上方への突き出しや火輪(かりん)の四方隅のそりは、江戸時代初期の特徴を示し、素朴な落ち着きを表現している。いずれも貴重な石造物である。

施設情報

住所

双海町串本村

【市指定文化財】本村の五輪塔<石造美術>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。