文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【市指定文化財】日喰の隠れキリシタン像<石造美術>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【市指定文化財】日喰の隠れキリシタン像<石造美術>

砂岩でつくられた高さ43センチメートルの座像で、地元では「地蔵様」と呼ばれているが、右手に鈷杵(こしょ)、左手に数珠(じゅず)を持つ大師像である。
左胸に十字があり台座に蓮弁(れんべん)がないことから、隠れキリシタン像といわれる。像の左右に「安永四年」(1775 年)、「施主源助」と刻まれている。堂内に安置されているため保存状態がよく、隠れキリシタンの研究資料として貴重である。

施設情報

住所

双海町大久保日喰

【市指定文化財】日喰の隠れキリシタン像<石造美術>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。