文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【市指定文化財】鳥越の隠れキリシタン像<石造美術>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【市指定文化財】鳥越の隠れキリシタン像<石造美術>

双海町から内子町に通じる鳥越峠にある高さ49センチメートル、膝幅36センチメートルの安山岩(あんざんがん)の座像である。一見大師像であるが、左胸に十字を刻み蓮花台(れんかだい)がないところから、隠れキリシタン像といわれる。台石に「天明三年 豊田奥組 若物中」(1783年)と刻まれている。かつては地区の四国八十八か所の札所であった。隠れキリシタンの研究資料として貴重である。

施設情報

住所

双海町串奥東

【市指定文化財】鳥越の隠れキリシタン像<石造美術>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。