文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【市指定文化財】弘法大師像<石造美術>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【市指定文化財】弘法大師像<石造美術>

高さ42センチメートル、膝幅30センチメートルの座像で、台石高さ18センチメートル、石材は安山岩(あんざんがん)である。台座には寛政7年(1795年)と明記されている。
この大師像は永木ふれあい館へ渡る橋のたもと、通称「茶堂(ちゃどう)」とも言われるところに安置されている。ここは旧大洲街道の古くからひらけたところであり、通行人の安全を祈願して建立されたと伝えられている。

施設情報

住所

中山町中山永木

【市指定文化財】弘法大師像<石造美術>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。