文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【市指定文化財】石灯籠<石造美術>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【市指定文化財】石灯籠<石造美術>

中山町豊岡地区に川崎天満宮がある。この石段17段の所に左右に大きく「常夜燈」と刻まれた石灯籠(いしどうろう)が建立されている。総高280センチメートル、台座三段高80センチメートルで、花崗岩(かこうがん)で造られている。
建立は「天保十三壬寅歳二月吉日」(1842年)、石工は「松山領菊間町多賀八五郎」と明記されており、中山町ではまれに見る堂々とした灯籠である。

施設情報

住所

中山町出渕豊岡 川崎天満宮

【市指定文化財】石灯籠<石造美術>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。