文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【市指定文化財】菅原天神社鳥居<石造美術>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【市指定文化財】菅原天神社鳥居<石造美術>

中山町泉町地区中ほどの山ぎわに、天を突く急な石段100段の上に鳥居が建っている。総高350センチメートル、柱径40センチメートル、笠400センチメートル。花崗岩(かこうがん)で造られている。
「元禄十六癸未季八月吉日」(1703年)に建立され、「當村名主 長岡尹貞 同長老 内田經友 玉井元道」と刻まれている。片方の柱が損傷し補強されているため、「願主」以下の刻字を読み取ることができない。

施設情報

住所

中山町中山泉町 梅坂天満宮

【市指定文化財】菅原天神社鳥居<石造美術>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。