文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【市指定文化財】五輪塔<石造美術>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【市指定文化財】五輪塔<石造美術>

中山町佐礼谷の日浦地区、峰成(みねなる)農道終点近くの杉山の中に均整のとれた大小2基の五輪塔がある。総高180センチメートルで松森城主の松森喜三門尉(もつもりきざえもんじょう)、左は総高105センチメートルで城主の妻の墓と伝えられている。ともに花崗岩(かこうがん)で作られている。城主の塔は火輪(かりん)のそりが大きく江戸期のものと推測できる。
地区の人は毎年8月4日に誓明寺(せいみょうじ)住職を迎え供養している。

施設情報

住所

中山町佐礼谷日浦

【市指定文化財】五輪塔<石造美術>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。