文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【市指定文化財】薬師堂<建造物>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【市指定文化財】薬師堂<建造物>

この薬師堂は、下三谷傳宗寺(でんしゅうじ)境内近くに建っている。
禅宗様(唐様)の建物で間口奥行ともに3間で、屋根は本瓦葺で方形の頂部に宝珠(ほうしゅ)を載せている。二条の大虹梁(だいこうりょう)で組んだ柱の間に「つめ組方式」の斗拱(とぎょう)がある垂木は二重の扇垂木(おうぎだるき)で、正面の扉は桟唐戸(さんからど)を使用している。
禅宗様(唐様)を取り入れた巧緻(こうち)を極めた建築で、明治27年(1894年)、下三谷の名大工川中夏吉(かわなかなつきち)の建築である。

施設情報

住所

下三谷近江

【市指定文化財】薬師堂<建造物>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。