文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【市指定文化財】三島神社の二重門<建造物>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【市指定文化財】三島神社の二重門<建造物>

三島神社境内にある二重門は均整のとれた二階建で、軒の扇垂木(おうぎだるき)や多くの蛙股(かえるまた)が用いられている。また、建物周囲の彫刻は京都の名工の作と伝えられている。内子の大工 長尾幸之進(ながおこうのしん)が天保3年(1832年)着工、天保12年(1841年)8月棟上げで9年の歳月を経ている。
参道の階段を上るほどに二重門から受ける壮大、華麗さに圧倒される。

施設情報

住所

双海町高岸本郷 三島神社

【市指定文化財】三島神社の二重門<建造物>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。