文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【市指定文化財】牛の峰地蔵尊石葺き屋根<建造物>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【市指定文化財】牛の峰地蔵尊石葺き屋根<建造物>

この石葺屋根は、牛の峰山頂の地蔵尊(じぞうそん)本堂の切妻(きりづま)造りの屋根である。
屋根葺材は花崗岩(かこうがん)で、その大きさは1枚幅約25センチメートル、厚さ約12センチメートル、長さ約3メートル、軒先部は幅約50センチメートルを使用し、棟部は山型としている。地理的条件から耐久性に重点をおいて屋根葺き材料として使用したものと思われる。
石葺屋根のお堂はあまり例がなく、大変珍しい建物である。

施設情報

住所

双海町高岸本郷 牛の峰地蔵尊

【市指定文化財】牛の峰地蔵尊石葺き屋根<建造物>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。