文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【市指定文化財】和船(地引き網船)<有形>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【市指定文化財】和船(地引き網船)<有形>

全長10.8m、内幅2.35メートル、深さ1.0メートルの中型木造船である。材料の木材は、舳(みよし)・船梁(ふなばり)・上摺り(うわずり)等を除いては、宮崎県産の飫肥杉(おびすぎ)で作られている。船の特徴は、舳(みよし)が上棚より長く突き出ていること、櫓(ろ)が左舷に2丁・右舷に3丁(面に2丁・艫(とも)に3丁)立てになっている。
昭和27年(1952年)高岸の漁民13名が、地引き網の網船として、下灘の若松造船所で建造し、昭和40年代までは操業していた。
現存する木造の地引き網船としては貴重である。

施設情報

住所

双海町高岸 双海シーサイド公園

【市指定文化財】和船(地引き網船)<有形>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。