文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【市指定文化財】猪の窪1号墳<史跡>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【市指定文化財】猪の窪1号墳<史跡>

宮下猪の窪にあり、東接して2号墳がある。本墳は直径18メートル、残存墳丘高2メートルの円墳で、内部主体は長さ167センチメートル、深さ48センチメートルの緑色片岩(りょくしょくへんがん)の組み合わせ式箱形石棺であり、内部は全面朱で覆われていた。
石棺内には2体の遺骸(いがい)が埋葬されていた。うちB号遺体は石棺内の西部に「かたづけ」されており、A号遺体は頭部を東にして伸展葬(しんてんそう)で埋葬されていた。
A号遺体の下肢(かし)骨がB号遺体の「かたづけ」上に乗っていたことから、B号遺体を埋葬した後、時間をおいてA号遺体を埋葬したと考えられる。箱形石棺は追葬(ついそう)をしないのが基本であるが、本石棺では追葬が行われていた。時期は、古墳時代中期前半である。

施設情報

住所

宮下猪の窪

【市指定文化財】猪の窪1号墳<史跡>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。