文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【市指定文化財】今岡御所跡<史跡>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【市指定文化財】今岡御所跡<史跡>

茶臼山(ちゃうすやま)の丘の上(新池の堤)にある。ここは伊豫皇子(いよおうじ)の御陵(みささぎ)と伝えられ、『大洲旧記』によると伊予の豪族河野氏の遠祖孝霊天皇の皇子である彦狹島命(びこさじまのみこと)<伊豫親王>が居住され、その崩御地(ほうぎょち)であるとされている。
ここは弥生時代の住居地で土器片、石庖丁、石斧(せきふ)など多くの出土品があり、古墳時代には茶臼山の名が示すように前方後円墳であった可能性がある。
昭和38年(1963年)に池の改修工事により全壊したが、昭和54年(1979年)、その跡に碑が建てられた。

施設情報

住所

宮下

【市指定文化財】今岡御所跡<史跡>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。