文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【市指定文化財】地蔵堂の石垣<史跡>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【市指定文化財】地蔵堂の石垣<史跡>

土山地蔵堂(どやまじぞうどう)の左右と後方をコの字形に囲った全長16.2メートル、幅0.6メートル、高さ1.35メートルの石垣である。
土山地蔵堂は、滝山城主の久保道春(くぼみちはる)が郷土鎮護のため応永23年(1416年)西光寺(さいこうじ)とともに建立したものである。
享保3年(1718年)、肥後国(熊本県)の領主が参勤交代のためこの沖を通過中、暴風雨に遭ったが、土山地蔵に祈願したところ遭難を免れた。領主は江戸から帰る途中、願ほどきのため住民の協力を得て城妬(じょうど)の浜より約2.5キロメートルの道程を手繰りで浜石を運ばせ、地蔵堂を守る石垣を築かせたと伝えられている。
数多くの浜石で構築された見事な石積みである。

施設情報

住所

双海町串池ノ久保

【市指定文化財】地蔵堂の石垣<史跡>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。