文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【市指定文化財】ナギ<天然記念物>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【市指定文化財】ナギ<天然記念物>

イヌマキ科。幹周は胸高180センチメートル、樹高10メートル。推定樹齢300年。かなり以前に主幹(しゅかん)を切られ、その部分付近の枝の一部が枯死しているが大部分の樹勢は旺盛である。
ナギは西日本の暖地に生育する常緑高木(じょうりょくこうぼく)で、雌雄異株(しゆういしゅ)。この木は雄株(おかぶ)である。葉脈は縦に20本~30本あって、葉脈の方向に引っ張ると切れにくいので、チカラシバ、ベンケイノチカラシバの別名がある。開花期は春。雌株(めかぶ)では秋に径1センチメートル余の球形の実をつける。
ナギは凪、平穏に通じるとして、社寺や住宅に植えられることがある。

施設情報

住所

上吾川六反

【市指定文化財】ナギ<天然記念物>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。