文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【市指定文化財】クスドイゲ<天然記念物>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【市指定文化財】クスドイゲ<天然記念物>

クスドイゲ科。幹周は胸高153センチメートル、樹高18メートル。樹齢200年。
クスドイゲは西日本の暖地沿岸地方に見られ、雌雄異株(しゆういしゅ)。ふつう低木または小高木(しょうこうぼく)であるが、このような大木は珍しい。8月に短い穂状の黄白色の小花をつける。
若木の幹や新しい枝では小枝がトゲに変わることからイゲ(トゲのこと)の名称が与えられたが、クスドの意味は不明である。

施設情報

住所

森 森天満宮

【市指定文化財】クスドイゲ<天然記念物>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。