文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【市指定文化財】シイノキ群<天然記念物>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【市指定文化財】シイノキ群<天然記念物>

ブナ科。この社叢(しゃそう)にはスダジイの大木が多く、そのうち最大のものの幹周は胸高487センチメートル、樹高15メートル、樹齢は約1,200年と伝承されている。
スダジイ(イタジイ、ナガジイともいう)は暖地に多く自生する常緑高木(じょうりょくこうぼく)、幹は灰黒色で古木では縦に多数の割れ目が生じる。近縁のコジイ(ツブラジイともいう)では樹皮は比較的なめらかなので区別できる。
樹冠(じゅかん)はよく繁って球状に盛り上がり、共に初夏のころ新しい枝に上向きに黄色の雄花の長さ10センチメートルほどの穂を多数つけ、雌花の穂は短かく、その下方につく。花の季節には強い香りを放って昆虫を誘う虫媒花(ちゅうばいか)である。

施設情報

住所

双海町高岸本郷 三島神社

【市指定文化財】シイノキ群<天然記念物>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。