文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【市指定文化財】ヤブツバキ<天然記念物>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【市指定文化財】ヤブツバキ<天然記念物>

ツバキ科。幹周は胸高158センチメートル、樹高約12.5メートル、推定樹齢200年。
このヤブツバキは、瀬戸内海を眺望する高所にある西光寺(さいこうじ)の防風樹として植えられたと思われる。もとは2株の古木が生育していたが、平成20年(2009年)にうち1株が枯死した。
陰樹(いんじゅ)であるヤブツバキは幹への夕日の直射や季節風にさらされないように保護する必要があり、藁(わら)などで巻いたり、周囲に中小の植物を栽培したりして、温度・湿度の良好な環境を保つことが望ましい。

施設情報

住所

双海町串池ノ久保

【市指定文化財】ヤブツバキ<天然記念物>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。