文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【市指定文化財】ムクノキ<天然記念物>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【市指定文化財】ムクノキ<天然記念物>

ニレ科。幹周は胸高510センチメートル、株元より150センチメートルで二股に分かれていて、その部分が空洞になっている。樹高20メートル、推定樹齢400年以上。
ムクノキは暖地の山林に広く自生する落葉高木(らくようこうぼく)で、よく繁茂するため、屋敷内や道路わきに植えられることがある。雌雄同株(しゆうどうしゅ)。春に新枝に雌花・雄花を別々につけ、秋には径1センチメートルの果実が熟し野鳥の餌になる。別名ムク、モク、ムクエノキ。
神社境内の大杉とともに、ご神木として崇(あが)められている。

施設情報

住所

中山町出渕栗田 鳥帽子之森三島神社

【市指定文化財】ムクノキ<天然記念物>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。