文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【市指定文化財】中央構造線小手谷露頭B<天然記念物>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【市指定文化財】中央構造線小手谷露頭B<天然記念物>

地質学上有名な中央構造線の中の一露頭(ろとう)である。中央構造線の活動は5回あったとされているが、ここは第3回目の活動(約3千万年前)を示す地点である。
B露頭は犬寄大橋のたもとにあって、右の方の淡緑色の岩板状の層が緑色片岩層で、左の方が和泉砂岩層、これは風化して黄褐色となっている。その間の灰黒色の層が破砕層である。

施設情報

住所

大平

【市指定文化財】中央構造線小手谷露頭B<天然記念物>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。