文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 施設・文化・スポーツ > 施設案内 > 文化財 > 【登録有形文化財】福田寺山門<建造物>

ここから本文です。

掲載日:2012年3月30日

【登録有形文化財】福田寺山門<建造物>

山門は切妻造(きりづまづくり)、本瓦葺の四脚門(しきゃくもん)で、総欅(そうけやき)の素木造(すもくぞう)。軸部は親柱が円柱、控柱が角柱、組物は実肘木付三斗(さねひじきつきさんと)、中備が蟇股(かえるまた)、妻飾は虹梁大瓶束(こうりょうたいへいづか)で、軒は二軒繁垂木(にけんしげたるき)である。虹梁や木鼻(きばな)の渦文(かもん)、笈形(おいがた)の波濤文(はとうもん)、持送り彫物など、装飾細部も充実している。
建築年代は、棟札より文政5年(1822年)と判断される。

施設情報

住所

上吾川 福田寺

【登録有形文化財】福田寺山門<建造物>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。