文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 市政 > 情報公開・個人情報 > 情報公開制度

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

情報公開制度

情報公開制度は、市民皆様の公文書の公開を求める権利(知る権利)を保障することで、市民参加による公正で開かれた市政を推進し、市政に対する皆様の理解と信頼を深めることを目的に創設された制度です。

根拠条例等

情報公開制度は、次の条例等に基づき運用しています。

  1. 伊予市情報公開条例(外部サイトへリンク)
  2. 伊予市情報公開条例施行規則(外部サイトへリンク)

情報公開請求ができる方

市の公文書は市民の共有財産であることから、情報公開請求を行うことができる方は次のとおりとしています。

  1. 市内に住所を有する方
  2. 市内に事務所又は事業所を有する個人及び法人その他の団体
  3. 市内の事務所又は事業所に勤務する方
  4. 市内の学校に在学する方
  5. 実施機関が行う事務又は事業に利害関係を有する個人及び法人その他の団体

利用者の責務

公文書の公開を請求される方は、伊予市情報公開条例により認められた権利を正当に行使するとともに、公文書の公開により得た情報を適正に使用しなければなりません。

請求方法

市の公文書を公開請求したい方は、請求書に必要な事項を記入し次の窓口のいずれかに持参又は郵送してください。

  • 郵便番号:799-3193
    宛先:伊予市米湊820番地予市役所務部務課政担当
  • 郵便番号:791-3292
    宛先:伊予市中山町出渕2番耕地138番地1山地域事務所
  • 郵便番号:799-3292
    宛先:伊予市双海町上灘甲5821番地6海地域事務所

ポイント1
郵送で請求される場合は、請求書に記載された公文書の特定に時間を要すことが考えられますので、直接窓口で担当課職員と協議の上、公文書の特定を行っていただくことをお勧めします。

ポイント2
情報公開請求をされた場合でも、個人に関する情報や法人等に関する情報で、公開することで、法人等又は個人の権利、競争上の地位その他正当な利益を害するおそれがあるものなどは、公開できません。また、他の制度で公開手続が定められているものは本制度による請求はできません。

公文書の写しの交付等に係る費用

公文書の写しの交付又は郵送による送付を希望される場合は、その費用を負担していただきますので、ご注意ください。

公文書の写しの作成に要する費用は、次の表の左欄に定める写しの作成方法につき、同表の右欄に定める金額とし、公文書の写しの送付に要する費用は、郵便料金相当額となります。

写しの作成方法

金額

写しの大きさが日本工業規格A列3番を超えない場合で当該写しが白黒電子複写機による複写

1複写につき10円

写しの大きさが日本工業規格A列3番を超えA列2番以下である場合で当該写しが白黒電子複写機による複写

1複写につき100円

写しの大きさが日本工業規格A列2番を超えA列1番以下である場合で当該写しが白黒電子複写機による複写

1複写につき150円

写しの大きさが日本工業規格A列1番を超えA列0番以下である場合で当該写しが白黒電子複写機による複写

1複写につき200円

写しの大きさが日本工業規格B列4番を超えない場合で当該写しがフルカラー電子複写機による複写

1複写につき50円

写しの大きさが日本工業規格B列4番を超えA列3番以下である場合で当該写しがフルカラー電子複写機による複写

1複写につき80円

専門業者への委託等

当該委託等に要する額

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部総務課行政担当

伊予市米湊820番地

電話番号:089-982-1111

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?