文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > ミカンまるとまちづくり > 都市計画・建築 > 航空法による建築物等の高さ制限照会について

ここから本文です。

掲載日:2014年4月1日

航空法による建築物等の高さ制限照会について

松山航空事務所からのお知らせ

松山空港周辺では、航空の安全を確保するため、一定の空域(下記「松山空港制限表面図」よりダウンロード可能です。)を障害物がない状態にしておく必要があり、高さ制限(進入表面・転移表面・水平表面)を設けています。(法律:航空法第49条)

対象区域内で物件等の設置工事や工事用等クレーンの使用を行う場合は、事前に松山空港事務所までお問い合わせいただければ、高さ制限表面を突出するか否かの確認をさせていただき、ご回答いたします。

なお、物件等には、TVアンテナ・看板・電線・電信柱、或いは上空に浮揚するアドバルーンやラジコン機等も該当します。

航空の安全確保を図っていくため、みなさんのご理解とご協力をお願い致します。詳しくは、下記、大阪航空局松山空港事務所まで、どなたでもお気軽にお問い合わせ下さい。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業建設部都市住宅課建築担当

伊予市米湊820番地

電話番号:089-909-6360

国土交通省大阪航空局松山空港事務所
電話番号:089-972-0319
ファクス:089-973-1056

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?