文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 暮らし > 税金 > 国民健康保険税

ここから本文です。

国民健康保険税

 

国民健康保険(国保)は、加入者の皆さんが保険税を出し合い、病気やケガでお医者さんにかかったときや、出産、死亡又は限度額を超える高額な療養費の払い戻しなどの場合に給付(医療費給付分)を受けられる相互扶助の制度です。そのため加入者のみなさんの保険税は国保の大切な財源となっていますので、必ず納期までに納付をお願いします。

国民健康保険税は、被保険者が属する世帯の世帯主に課税されます。

世帯主が、職場等の健康保険や後期高齢者(長寿)医療制度に加入している場合でも、世帯に国保加入者がいる場合は、世帯主が納税義務者になります。

ただし、税計算については、被保険者についてのみ算定しています。

国民健康保険税の所得割額は、加入者の所得申告に基づき計算されます。

所得のない方又は少ない方は、国保税が軽減されたり、高額療養費の支給条件が有利になる場合がありますので、所得の有無に関わらず申告をしてください。

また、市県民税では非課税所得となる、遺族年金や障害年金等を受給している方も、その旨を必ず申告してください。

国民健康保険税の軽減について

世帯主及び世帯の国保被保険者の前年所得が一定金額以下の場合は、所得に応じて国民健康保険税の均等割額及び平等割額が軽減(7割・5割・2割)されます。

軽減判定基準額の求め方

軽減率

基準額

7割軽減

330,000円

5割軽減

被保険者数×270,000円+330,000円

2割軽減

被保険者数×490,000円+330,000円

所得の申告をされていない場合は軽減されません。

国民健康保険税の減免について

火災や風水害で被害を受けたとき、病気や失業等により所得が激減したときなど、特別な事情により国民健康保険税の納付が困難な場合に、減免が適用されることがあります。

ただし、審査が必要になりますので事前にご相談ください。

お問い合わせ

総務部税務課国民健康保険税担当

伊予市米湊820番地

電話番号:089-982-1114