文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度 > 高額医療・高額介護合算制度

ここから本文です。

掲載日:2019年11月1日

高額医療・高額介護合算制度

同一世帯の被保険者で、1年間の医療費と介護サービス費の自己負担額の合算が高額になった場合、申請して認められると、所得区分に応じた負担限度額を超えた額が支給されます。

  • 1年間とは、8月1日~翌年7月31日の期間です。翌々年の2月に該当した方へ案内があります。
  • 支給は、申請から約4カ月後に医療分と介護分に分けて支払われます。入金の際には事前に通知が届きます。ただし、診療報酬明細書の変更などの理由により、支給が遅れる場合があります。
  • 案内文書にある支給額は見込額です。申請後に再計算しますので、金額は変更される場合があります。
  • 重度心身障害者医療費助成などの医療費助成を受けている方は、総支給額のうち医療分は市へ支払われますので、被保険者には介護分のみが支給されます。

自己負担限度額

所得区分

負担限度額(年額)

現役並み所得者

課税所得690万円以上

212万円

課税所得380万円以上690万円未満

141万円

課税所得145万円以上380万円未満

67万円

一般

56万円

低所得者2

31万円

低所得者1

19万円

  • 課税所得が380万円以上の方の所得区分については、平成30年度分(平成30年8月診療分)から適用されます。

申請に必要なもの

  1. 後期高齢者医療被保険者証
  2. 介護保険被保険者証
  3. 送付した案内文書
  4. 印かん
  5. 振込先のわかるもの
  6. マイナンバーが確認できるもの
  7. 自己負担額証明書(計算期間中、他市の介護保険や他の医療保険に加入している方のみ)

被保険者が施設に入っていたり、お亡くなっていたりして上記のものをお持ちいただけない場合は、お問い合わせください。

申請窓口

市役所市民課、中山地域事務所、双海地域事務所

  • 申請先は、7月31日時点に住民票がある市町村です。8月以降に伊予市へ転入された方は、前に住んでいた市町村へ申請してください。

お問い合わせ

市民福祉部市民課後期高齢者医療担当

伊予市米湊820番地

電話番号:089-982-1113

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?