文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 国民健康保険 > ポリファーマシーについて

ここから本文です。

掲載日:2020年8月21日

ポリファーマシーについて

ポリファーマシーとは、必要以上の薬や不要な薬を服用することで、副作用などの有害な状態が起きることです。

多種類の薬を飲むことが必ずしも不適切なわけではありません。種類が多くても適切な組み合わせにより症状が安定して不自由のない日常生活を送ることができます。

注意点

  • 複数の医療機関にかかっている場合には、それぞれの処方薬を把握していないことで、薬効の重複した薬が処方されていることがあります。
  • 加齢や体調の変化によって、副作用が起こりやすくなることがあります。
  • 薬を飲んでいて気になる症状(ふらつき、めまいなど)があった場合には、必ず医師や薬剤師に相談しましょう。勝手に薬をやめたり、減らしたりするのはよくありません。

ポリファーマシーを防ぐには

  • 気軽に相談できるかかりつけ医と薬局を持ちましょう。
  • お薬手帳を医療機関に持参しましょう。お薬手帳は1冊にまとめておきましょう。
  • 処方の際は、使っている薬は全部伝えましょう。健康食品やサプリメントも伝えましょう。

お問い合わせ

市民福祉部市民課国民健康保険担当

伊予市米湊820番地

電話番号:089-982-1113

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?