文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 新型コロナウイルス感染症について > 事業者の方へ > 【重要】伊予市全域の酒類を提供する飲食店への営業時間の短縮要請について

ここから本文です。

掲載日:2021年4月23日

【重要】伊予市全域の酒類を提供する飲食店への営業時間の短縮要請について

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、愛媛県は令和3年4月26日(月曜日)から令和3年5月19日(水曜日)までの期間、伊予市全域で酒類を提供する飲食店に、営業時間の短縮を要請しました。
すべての期間で時短要請に協力した事業者に、国の基準に沿って愛媛県と伊予市が連携し協力金を給付します。

 

営業時間短縮要請期間

要請期間:令和3年4月26日(月曜日)0時から令和3年5月19日(水曜日)24時まで
営業時間:5時から21時までの間※ただし、酒類の提供は11時~20時30分の間とする

対象区域

伊予市全域

対象業種

次のどちらにも該当する事業者

  • 伊予市内に事業所がある事業者のうち
    1. 食品衛生法(昭和22年法律第233号)第52条に基づく営業許可を受けた飲食店
    2. 従来、20時30分以後から翌日の11時までの間に酒類の提供を行っている店舗
    3. 屋内に常設の飲食スペースを設けている店舗
  • 令和3年4月26日(月曜日)から令和3年5月19日(水曜日)の営業時間短縮要請期間のすべてで、営業時間短縮を実施していること。

対象外

  • 公的な資金の使途で社会通念上、不適切であると判断される事業
    風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条第5項から第10項に定める営業内容、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条に規定する暴力団または暴力団員と関係がある場合など
  • 本協力金の主旨や目的に照らして適当でないと市長が判断する事業

 

協力金

期間:令和3年4月26日(月曜日)から令和3年5月19日(水曜日)まで
※全期間協力した店舗が対象

中小企業

前年度または前々年度の1日当たりの売上高 1日当たりの協力金給付額
8万3,333円以下の店舗 2万5千円
8万3,333円超から25万円以下の店舗 2万5千円から7万5千円(1日当たりの売上高×0.3(千円単位に切上げ)×24日)
25万円超の店舗 7万5千円

大企業

1日当たりの協力金給付額
前年度または前々年度からの1日当たりの売上高減少額×0.4(※)

(※)上限額は、20万円または前年度もしくは前々年度から1日当たり売上高×0.3のいずれか低い額

申請受付

要請期間終了後の令和3年5月20日(木曜日)以降
※詳細が決まり次第、お知らせします。

 

問い合わせ

営業時間短縮の内容に関すること

愛媛県新型コロナウイルス感染症対策本部
電話:089-968-2419
受付時間:9時から17時(土曜・日曜・祝日を除く)

協力金の申請受付に関すること

産業建設部経済雇用戦略課
電話:089-982-1120
受付時間:8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日を除く)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業建設部経済雇用戦略課商工労働担当

伊予市米湊820番地

電話番号:089-982-1120

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?