文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 暮らし > 健康・医療 > 予防接種 > B型肝炎ワクチンの定期接種が始まりました

ここから本文です。

掲載日:2016年10月1日

平成28年10月からB型肝炎ワクチンの定期接種が始まりました

平成28年10月1日から、B型肝炎ワクチンが定期接種となります。

対象

平成28年4月1日以降に生まれた0歳児

接種回数

1歳になる前に3回接種

【注意】1回目の接種から3回目の接種を終えるまでに、おおよそ半年間かかります。

注意

1歳になってしまうと、定期接種の対象外となります。

平成28年4月・5月生まれの方で、平成28年10月の定期接種開始以降に初めてB型肝炎ワクチンを接種する方は、10月時点ですでに生後5~6か月が経過しているため、接種日程の管理が重要となります。お早めに主治医とご相談ください。

B型肝炎とは

B型肝炎は、B型肝炎ウイルスの感染によって起こる肝臓の病気です。

B型肝炎ウイルスへの感染は、一過性の感染で終わる場合と、そのまま感染が続いてしまう場合(この状態をキャリアといいます)とがあります。キャリアになると慢性肝炎になることがあり、そのうち一部の人には肝硬変や肝がんなど命に関わる病気を引き起こすこともあります。

年齢が小さいほど、症状は軽いかあるいは症状があまりはっきりしない一方で、ウイルスがそのまま潜んでしまうキャリアの形になりやすいことが知られています。

B型肝炎ワクチンとは

ワクチンを接種することで、体の中にB型肝炎ウイルスへの抵抗力(免疫)ができます。

免疫ができることで、一過性の肝炎を予防できるだけでなく、キャリアになることを予防でき、将来発生するかもしれない慢性肝炎・肝硬変・肝がんの発症を防ぐことにつながります。また、周りの人への感染も防ぐことができます。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民福祉部健康増進課(保健センター) 

伊予市尾崎3番地1(伊予市総合保健福祉センター内)

電話番号:089-983-4052

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?