文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 新型コロナウイルス感染症について > 市民のみなさまへ > 【伊予市長 記者会見 動画】(7月26日更新)

ここから本文です。

掲載日:2020年7月26日

【伊予市長 記者会見 動画】(7月26日更新)

 本日(26日)、伊予市内の「入所系の高齢者施設」に勤務する職員の方で初めて新型コロナウイルス感染症の感染事例が確認されました。

 感染が確認された方は、40代男性、住所地は松山市で、内容については愛媛県の発表のとおりでございます。

 感染された方にお見舞いと、1日も早い回復をお祈り申し上げます。

 伊予市では、本日「市の対策本部」を開催し、情報収集を行っているところでございますが、愛媛県と松山市との連携を密に引き続き感染症対策と施設に支障が出ないよう、全力で取り組んでまいります。

 また先ほど、施設側から発表されましたとおり、社会福祉法人愛信会 高齢者総合福祉施設森の園に勤務される職員であることは前述のとおりでございます。

 なお、ご本人は、重症化リスクの高い高齢者が入所する施設勤務という仕事の特性上、症状が現れた日(17日)の翌日(18日)以降は勤務をしておらず、感染拡大防止のため適切な行動をとっていただいていたと聞いています。また、県外への訪問は、この2週間ではないとのことです。

 現在、この方には、症状はなく、本日(10時)、県内の指定医療機関に入院済みです。

 また、現時点で、濃厚接触者はご家族3名、施設の入所者6名と職員12名、合計21名を把握しており、本日中にPCR検査を実施する予定です。

 これらの濃厚接触者21名については、自宅待機と健康観察を依頼しております。さらに詳しい行動歴や、発症日(17日)の2日前以降の濃厚接触者等は現在、愛媛県と松山市の保健所が連携して調査中です。

 なお、現時点では、入所者及び職員に症状のある方はいないと聞いております。

 今後、濃厚接触者等の調査や、PCR検査結果を踏まえて、感染拡大防止のための囲い込みに愛媛県と松山市が連携して対応されます。

 また、本人は、症状が現れた日の翌日(18日)以降は勤務をしておらず、それ以前の勤務中もマスク、手袋を着用、通勤は公共交通機関を使用しないなど、感染防止に配慮されていたようです。

 市民の皆様には、大変不安なお気持ちであろうかと思いますが、本件を冷静に受け止められ、落ち着いて行動していただきますようお願いいたします。

 また、今後の感染拡大を防止するために、手洗いや咳エチケット、室内の換気をさらに心がけていただき、発熱など風邪の症状がある場合には、できる限り外出を控えていただくとともに、この困難な状況を乗り越えるためには、感染回避行動「うつらないよう自己防衛」、「うつさないよう周りに配慮」、「習慣化しよう3密回避」、これらを広く実践していただきますよう、市民の皆様にお願いいたします。

 以上でございます。

  令和2年7月26日
            伊予市長  武 智 邦 典

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?