文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 教育・子育て・福祉 > 子育て > 保育所 > 保育所等の利用方法

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

掲載日:2018年10月1日

保育所等の利用方法

保育所、認定こども園、小規模保育園等を利用するには児童が住んでいる市町村に申し込むことが必要ですので下記の点にご注意のうえ手続きしてください。

平成31年度(新年度)受付が始まります。

平成31年度当初(4月・5月・6月)からの入所をご希望の方は、平成30年10月1日から10月31日までの期間に申し込みしてください。既に保育所等をご利用の方は施設を通じて書類が配布されます。

認定条件

保育認定を受ける場合、家庭で児童を保育できない下記の事由に該当することが必要です。

  1. 就労(月16日以上かつ日4時間以上)
  2. 妊娠(産前3か月、分娩予定月、産後3か月の計7か月)
  3. 保護者の疾病・障がい
  4. 同居親族等の介護・看護
  5. 災害復旧
  6. 求職活動(入所後2カ月以内に限る)
  7. 就学
  8. 虐待やDVのおそれがあること
  9. 育児休業取得時に、すでに保育を利用していること(育児休業対象児童が1歳になる月の末日以内)
  10. その他市長が認める事由

 

保育時間

保育の必要量によって2つに区分します。

区分

要件

保育時間

保育標準時間

父・母のいずれかの月の就労時間が120時間以上

11時間(7時~18時)
保育短時間

父・母のいずれかの月の就労時間が120時間未満

8時間(8時~16時)
  • 「妊娠・出産」「災害復旧」「虐待・DV」を理由とする場合は、保育標準時間とします。
  • 「求職活動」「育児休業」を理由とする場合は、保育短時間とします。
  • 「疾病・障がい・介護・看護・災害復旧・就学・虐待・DV・その他」については、世帯状況により判断します。
  • 就労時間が1か月当たり120時間以上である場合であっても、保育短時間を希望する場合は、保育短時間認定とすることができます。
  • 「保育標準時間」と「保育短時間」で保育料は異なります。
  • 上記の時間帯以外の保育は、延長保育となり、別途延長保育料が必要となります。(平成26年度に在籍していた継続児童については、経過措置により保育標準時間とすることができます。

 

入所の申込み

申込受付期間

 

平成31年度入所希望:平成30年10月1日から10月31日までの受付です。

平成30年度途中入所希望:入所希望月の3か月前から申し込み受付します。

 

例:平成30年12月から入所希望の場合は平成30年9月から受付可能です。

申込受付場所

子育て支援課

申込に必要な書類

申込に必要な書類は、子育て支援課で配布します。

共通書類

  • 支給認定申請書兼入所申込書在園児は現況届)
  • 保育所入所基準調査票
  • 平成30年度所得課税証明書
    【注意】平成30年1月1日時点で伊予市に住民票がなかった方が必要となります。

家庭で保育ができないことを確認する書類

保育を必要とする事由 要件 必要書類
就労 月64時間以上の就労
妊娠、出産

出産(予定)月及び産前3か月、産後3か月

  • 母子手帳(写)
保護者の疾病、障害 左記理由により保育を必要とする期間
親族の介護、看護 左記理由により保育を必要とする期間
災害復旧 左記理由により保育を必要とする期間
  • 確認できる書類
求職活動 入所後2か月以内
就学 就学中
  • 在学証明書、時間割など

虐待やDVのおそれがあること

左記理由により保育を必要とする期間
  • 確認できる書類

育児休業取得中に、既に保育を利用している子どもがいて継続利用が必要であること

当該育児休業に係る子どもが満1歳に達する日の属する月の末日まで

ただし、在園児が翌年度小学校に入学する場合のみ当該年度末まで在園可能

その他、上記に類する状態として市が認める場合

 
  • 確認できる書類

マイナンバー制度の開始に伴う個人番号の取扱いについて

平成28年1月1日からマイナンバー制度が始まりました。これにより支給認定申請書を提出する際には、保護者や配偶者、対象児童の個人番号の記載が必要となります。

マイナンバー制度の開始に伴う、支給認定申請に必要なもの

  • 申請書提出者の身元が確認できる書類(運転免許証など)
  • 提出者が、申請書の保護者欄に記載した保護者本人でない場合は、保護者本人の健康保険証又は運転免許証(代理権の確認)、若しくは、委任状(代理人の確認)

利用者負担額(保育料)について

保育料は納付書での納付、若しくは口座引き落としができます。

伊予市では4月よりすべての料金をコンビニで納付できます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民福祉部子育て支援課児童福祉担当

伊予市米湊820番地

電話番号:089-982-1119

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?