文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 暮らし > 消費生活 > 広報・啓発 > 消費者被害にあわないために

ここから本文です。

掲載日:2014年4月1日

消費者被害にあわないために

悪質業者は、あの手この手であなたに近づいてきます。

ちょっとした契約の知識や悪質業者の手口を知っていれば、被害にあう可能性が低くなります。常に最新の情報を入手していきましょう。

悪質商法からあなたを守る7ケ条

1.簡単に玄関の鍵を開けない!

家に入った人を追い出すことはとても大変です。日頃から玄関には鍵を掛けておき、業者との対応はドア越しでしましょう。

2.断る理由は「必要なし!」

「お金が無い」などと言って断ると、分割を勧めるなど説得されます。

説得されて断れなくなる恐れがあるため、理由を言わずに「必要ない」の一言で断りましょう。

3.日頃から最新情報を!

悪質業者は、次々と手口を変えてきますが、手口を知っていると騙されにくくなります。学習会や新聞、ニュースなどで悪質商法の最新情報を入手しましょう。

4.コミュニケーションを大切に!

親子間や地域内でのコミュニケーションを密にしましょう。
常にお互いで啓発しあうことが大切です。

5.無料!特別!うまい話に要注意!

おかしいと思ったら自分だけで判断しないで、家族や知人に相談しましょう。

6.よく考えて契約を!

口約束で契約は成立します。本当に必要なものか、即決しないで説明書や契約書をよく読んで考えましょう。

必要に応じて、複数の業者から見積をとることも有効です。

特に、契約を急がせる業者には注意しましょう。

7.契約書などは大切に!

トラブル時などに必要になりますから、必ず保管しましょう。

強引な勧誘に負けてしかたなく契約というケースが多くみられます。このような場合、一人で悩まず、すぐに最寄の相談窓口に電話してアドバイスを受けてください。くよくよして時期を逃すと、解決が困難になります。

相談専用電話

伊予市消費者相談窓口話番号:089-982-1289

お問い合わせ

産業建設部経済雇用戦略課商工労働担当

伊予市米湊820番地

電話番号:089-982-1120

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?