文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 暮らし > 消費生活 > 広報・啓発 > 高齢者をねらう悪質商法にご注意ください!(SF商法編)

ここから本文です。

掲載日:2014年4月1日

高齢者をねらう悪質商法にご注意ください!(SF商法編)

安売りや講習会を名目に消費者を集め、締め切った会場の中で、最初は無料で商品を配布したり、安価な商品を販売したりして、次第に高揚した気分にさせて冷静な判断力を失わせてから、売り込もうとする商品を登場させ購入させるのが催眠商法です。高齢者は時間の自由があり、情報が入手しにくいため、古典的な商法であっても志向や生活習慣の変化に伴って新しい手口で狙われやすいのが特徴です。

だまされないために

  • 開催場所が公共施設であっても安心してはいけません。
  • タダほど高いものはありません。もらってしまうと、高額な商品を勧められた時に断りにくくなります。
  • その場での契約は控え、本当に必要なものか、価格は適当かよく考え、家族などと相談しましょう。
  • 契約してしまった場合は、できるだけ早く相談窓口にご連絡ください。

まめ知識

健康食品は「食品」です。「医薬品」ではありません。

  • 「病気が治る」「これさえ飲めば病気が予防できる」などの誤った知識を持たないようにしましょう。
  • 通院している場合には、契約前に、使用について担当医に相談しましょう。
  • 体がだるい、ひどく下痢が続く、吐き気があるなどの症状があれば、直ちに使用をやめ、医師の診察を受けましょう。
  • 「効果があった」との体験談を聞かされても、体質・体調・持病などの個人差があるため、必ずしも自分に合うとは限りません。

相談専用電話

伊予市消費者相談窓口話番号:089-982-1289

 

お問い合わせ

産業建設部経済雇用戦略課商工労働担当

伊予市米湊820番地

電話番号:089-982-1120

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?