文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 暮らし > 消費生活 > 広報・啓発 > 絶対もうかる?!連鎖販売取引(マルチ商法)

ここから本文です。

掲載日:2014年4月1日

絶対もうかる?!連鎖販売取引(マルチ商法)

ネットワークビジネス、システム販売などとも呼ばれ、商品やサービスを契約して販売組織に参加した会員が、同じように友人・知人を組織に加入させ、新たに会員になった人がさらに新しい会員を加入させて、組織を拡大していく商法です。

最近は、口コミ以外にもパソコンや携帯電話上のメールや広告でも広がっています。

ポイント

1.楽して確実にもうかるビジネスなどありません。

  • 1人が2人ずつ勧誘すると、2人が4人…と進んでいき、25代目を過ぎれば日本の人口を超えてしまいます。実際に儲かるのはごく一部の上位者だけで、大半の人は買わされた商品と借金だけが残ってしまいます。
  • サイドビジネスになるとはいえ、社会の就業規則に違反することになりませんか?
    本来の仕事に影響があれば、本末転倒です。

2.被害者であるはずが、加害者になってしまうかも…

  • 友人に商品を販売したり、組織の加入を勧めるときに、うその説明や強引な勧誘、脅すなどの行為があれば、たとえ末端の販売員(あなた)だったとしても罰せられる可能性があります。
  • 何より勧誘は簡単ではありません。友人や親類等いろいろな人間関係を利用して販売するため、強引な勧誘や金銭トラブルが起こりやすく問題が多いのもこの商法の特徴です。
    たとえ親しい人からであっても、不用意に信頼せず、契約に当たっては慎重に判断してください。

相談専用電話

伊予市消費者相談窓口話番号:089-982-1289

お問い合わせ

産業建設部経済雇用戦略課商工労働担当

伊予市米湊820番地

電話番号:089-982-1120

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?