文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

掲載日:2014年4月1日

栗の食べ方

特産品紹介

栗の食べ方

栗の食べ方

秋の味覚の代表、栗。栗にはいろんな食べ方があります。チャレンジしてみませんか?

定番で栗

【栗のゆで方】

昔から代表的な栗の食べ方として、運動会や秋まつりに欠かせないゆで栗。ゆで方は栗を一昼夜水にひたし、鍋等に栗が浸かる程度に水を入れ、塩を加え、約40~50分位強火でゆでる。途中2~3回よくかき混ぜるとよい。

【鬼皮のむき方】

栗は水に浸けて、火にかけ、ひと吹きさせた後、ざるにあげる。
水に浸け、 さましてから鬼皮、渋皮をむく。

定番 ゆで栗

【ゆで栗の食べ方

定番 ゆで栗

栗の煮五味

【材料及び分量】

むき栗:200g、人参:100g、ごぼう:100g、乾しいたけ:4枚、こんにゃく:1/2丁、インゲン:少々、だし汁:1カップ、しょうゆ:大さじ3、砂糖:大さじ2、みりん・酒:各大さじ2、油:大さじ1

【作り方】

  1. むき栗は、一度ゆでこぼしてアクを抜く。
  2. インゲンは、塩ゆでにして一口大に切る。
  3. 野菜、こんにゃくは下ごしらえをして一口大にきり、油で炒める。
  4. 2に栗とだし汁を入れ、煮立ったら調味料を入れ、中火で煮含め、最後にインゲンを散らす。

栗の煮五味

富貴寄せおこわ

【材料及び分量】

もち米:140g、栗3個(30g)、銀杏:5個(10g)、人参:10g、生しいたけ:20g(1/2枚)、だし:2/3 カップ、みりん:大さじ1/2、塩:小さじ1/2弱、しょうゆ:小さじ1/2

【作り方】

  1. もち米は、洗ってだし汁にひたしておく。
  2. 銀杏、栗は皮を除く。栗は4ツ割りにする。人参はいちょう切りにする。
  3. 鍋に2と分量のだし汁の一部を加えて煮、柔らかくなればみりんと塩の一部で味付けをする。
  4. 釜に米、栗、具を入れ、みりん、しょうゆ、塩を加えて普通に炊く。
  5. 生しいたけは直火で焼き、裂いて火を止めたご飯の上にのせ、蒸らす。

富貴寄せおこわ

栗と鶏肉のいため煮

【材料及び分量】

皮つき栗(9~10個):200g、鶏のささみ:50g(鶏は下味をつけておく)、しょうが汁:小さじ半杯、酒:小さじ半杯、片栗粉:小さじ半杯サラダ油:大さじ1、スープストック:70cc、酒・しょう油:各小さじ1、砂糖:大さじ1、片栗粉:小さじ1

【作り方】

  1. 栗は熱湯に10分間程浸け、鬼皮、渋皮を丁寧にむいて、しばらく水に浸けアクを抜き水気を十分に切って油で揚げる。
  2. 鶏のささ身は、1cm角切りにし、しょうが汁、酒、塩を振掛け、片栗粉をまぶしておく。
  3. 鍋に油を入れて熟し、2の鶏肉を入れて炒め表面の色が変わってきたら、栗とサラダ油を加えて味付けする。片栗粉を水ときして加え、とろみがでるまで煮る。

栗と鶏肉のいため煮

お問い合わせ

産業建設部経済雇用戦略課 

伊予市米湊820番地

電話番号:089-982-1120