文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > ミカンまるとまちづくり > 交通 > バス > 伊予市コミュニティバス「あいくる」

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

掲載日:2017年8月2日

伊予市コミュニティバス「あいくる」

伊予市では、本庁地区の交通空白地域の解消を図るため、平成27年7月1日より定時定路線型の路線バスとしてコミュニティバス「あいくる」の実証運行をしています。

ぜひご利用ください。

なお、災害等で運行が休止になる場合は、HP・防災無線でお知らせいたします。
運行が不明なときは、伊予市役所までお問合せください。

「あいくる」のご案内

 

 運行路線について

コミバスマップ画像

  1. 三秋・八倉線(月・水・金曜日)
  2. 鵜崎・新川線(月・金曜日)
  3. 平岡・新川線(水曜日)
  4. 郡中循環線(火・木・土曜日)
  5. 市街地循環線(月~土曜日)

 

 時刻表

 

 利用料について

利用料

1路線1乗車200円で乗車できます。小学生未満の方は保護者同伴の場合、1名まで無料です。ただし、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、特定疾患医療受給者証を受給されている方につきましては、半額で利用できます。降車される際に運転手に身体障害者手帳等を提示してください。

利用料の支払い

降車する際にお支払いいただきます。

 

 路線の乗り換えについて

運行路線2~5は、保健センターが起点となっています。

例えば、「2.鵜崎・新川線」を走っている車両が保健センターに到着すると、時間をおいて「5.市街地循環線」を走る車両になります。「2.鵜崎・新川線」に乗車されていた方が、引き続き「5.市街地循環線」をご利用される場合、更に200円の運賃が必要となります。

 

 乗車について

コミュニティバスは、車椅子の乗降用リフト及び乗降用スロープは設置しておりません。ご自分で乗車できるか、ご自分で乗車できない場合、介助者がいれば乗車することができます。車椅子は折りたたみ式のみ利用可能とします。
また、ペットを連れての乗車はご遠慮願います(盲導犬は乗車可能です。)。

 

 コミュニティバスの車両について

車両の大きさ

三秋・八倉線は、29人乗り車両(運転席・補助席を含む)で運行します。それ以外の路線は、14人乗り車両(運転席を含む)で運行します。

車両のデザイン

平成29年1月から車両のデザインが新しくなりました。お買い物などお出かけの際にご利用ください。

rosa

三秋・八倉線

haiesu

その他の路線

 フリー乗降区間について

伊予市コミュニティバスでは、市街地循環線を除く4路線の一部にフリー乗降区間を設けています。フリー乗降区間は、交通量の少ない路線が対象となっています。この区間では、バス停以外でもバスに乗降することができます。乗車時には、バスに向かって手を上げるなどして合図してください。降車時には、ご自分が降りたい場所の50m手前くらいで、押しボタンや口頭で運転手にお知らせください。ただし、フリー乗降区間でも、カーブなどの見通しの悪い場所では、乗降することができませんのでご了承ください。

 運転免許証を自主返納された方について

平成27年7月から運転免許証を自主返納された65歳以上の方を対象に
伊予市コミュニティバス(伊予地域)または伊予市デマンドタクシー
(中山・双海地域)を利用される方に、利用券(10回分)を交付いたします。
デマンドタクシーは、利用登録された方のみが利用できます。

対象となる方

運転免許証を自主返納された、伊予市に住民登録がある65歳以上の方。

手続きについて

次のデータをご利用ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業建設部経済雇用戦略課地域公共交通担当

伊予市米湊820番地

電話番号:089-982-1120