文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > ミカンまるとまちづくり > 都市計画・建築 > 景観計画区域内行為届出

ここから本文です。

掲載日:2017年10月25日

景観計画区域内行為届出

伊予市景観計画の策定と伊予市景観条例の施行に伴い、景観計画区域内で建築物や工作物の新・増・改築等を行う場合は事前に届出を行わなければなりません。特に建築確認申請が必要な行為については、申請の30日前までに届出を完了する必要がありますので、早めの事前協議をお願いします。

なお、適合通知は事前協議を経た届出を行ってから、通常2開庁日後に交付します。

対象区域

伊予市が定める景観計画区域及び重点地区は下図のとおりです。

郡中景観計画区域

 

対象行為

次のいずれかに当てはまる場合、届出が必要です。

景観計画区域における届出対象行為

  • 延べ床面積100平方メートル以上の建築物の新築、増改築、色彩変更
  • 高さ10メートル以上の建築物の新築、増改築
  • 地盤面から上端までの高さが6メートル以上の工作物の設置
  • 面積500平方メートル以上の開発行為
  • 面積500平方メートル以上の屋外における物品の集積及び貯蔵
  • 面積500平方メートル以上の土地区画形質の変更
  • 面積500平方メートル以上の土砂、砂利の採取及び排出
  • 面積500平方メートル以上の木竹の植栽又は伐採

重点地区における届出対象行為

  • 延べ床面積10平方メートル以上の建築物の新築、増改築
  • 道路面壁面面積10平方メートル以上の建築物の色彩変更
  • 地盤面から上端までの高さが1.5メートル以上の工作物の設置
  • 面積100平方メートル以上の土地区画形質の変更
  • 面積100平方メートル以上の土砂、砂利の採取及び排出
  • 面積100平方メートル以上又は高さ1.5メートル以上の屋外における物品の集積

必要書類

下記行為届出書と、以下の添付書類が各2部必要です。対象行為が建築物以外の場合、必要書類が変わる場合があります。ご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせ下さい。

  1. 位置図2,500分の1程度
  2. 配置図
  3. 平面図
  4. 立面図
  5. 外観パース等外部の色合いが分かる資料
  6. 屋根材、外壁材など外部に用いた材料が分かる資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業建設部都市住宅課 

伊予市米湊820番地

電話番号:089-909-6360

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?